【37.5℃の涙】を無料で試し読みする方法とあらすじ・感想

少女漫画の【37.5℃の涙】を無料で試し読みする方法とあらすじ・感想

【37.5℃の涙】漫画1巻が無料で読める

ドラマにもなった大人気の少女漫画「37.5℃の涙」の1巻が今なら無料で読めちゃいます。

 

「37.5℃の涙」の1巻を今すぐ無料で読む 

>>>イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

 

「37.5℃の涙」のあらすじ

37.5℃。それは、保育園に通う子供が保育園に行ける、体温のボーダーライン。

37.4℃なら保育園に預けることができ、親は仕事に行ける。しかし、37.5℃だと、保育園に預けることができない。

 

よって親は仕事を休むか、急きょ預け先を探さなければならない。

病気の子供をおいては、仕事に行けない。でも、働かなければ生きてはいけない。悲痛な親の叫びが聞こえてくる。

 

これは、そんな身動きが取れずに困り果てた親のためにある、「病児保育士」の物語です。

病気の子供を「病児保育士」に預けて仕事に行く親。その苦悩。預けられることにさみしい思いを抱きながらも、けなげに笑顔を見せる子供たち。

 

愛情とは?家族とは?親とは?

どれだけ問いかけても答えはでない。

 

トラウマを抱えた新任の「病児保育士」桃子が真正面から様々な問題に立ち向かう。

 

「37.5℃の涙」1巻の目次

Case1 病気の子供を置いて仕事に行くのは母親失格か?

Case2 病児保育士は家庭の事情に踏み込むべからず

Case3 母親の敵は常にすぐ側にいる

Case4 愛されることに慣れている時は愛されていることに気付かない

 

「37.5℃の涙」1巻を読んだ感想 

子供の親を思う気持ちが痛いほど伝わってきて、読んでいると切なくなりました。

本当に子供って親が大好きなんですよね。親が思っている以上に親が大好き。そのことに普段気づいていない親が大半ですよね。

 

けど、ある意味仕方ないんですよね。親も忙しいし、親だってまだ親としては未熟なんだもの。子供の気持ちが100%わかる親なんていない。

 

みんな迷いながら一生懸命子育てしてるんですよね。

 

桃子が病児保育士として、いえ、一人の人間として真摯に向き合う事で、関わった親子の関係が良くなっていくのが、読んでいてとてもうれしくなります。

 

漫画の中のことだけど、すごく幸せな気持ちになります。

お子さんがいる方、身近に小さな子供がいる方には、ぜひ読んでもらいたい漫画です。

 

特に、「Case3 母親の敵は常にすぐ側にいる」は、旦那さんに読んでもらいたいところですね(笑) 

 

「37.5℃の涙」の1巻を今すぐ無料で読む

>>>イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan